サイト内検索
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2019年11月 次月>>
最新コメント
リンク
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

今回は少し大きめの試験管を使用したデザインです。
このサイズも存在感があっていいですね。
すべて真鍮で制作しています。


Aタイプ。
今回も少しずつ組み立てながらバランスを調整して作っています。
こういう作り方は時間がかかりますが、一点ものを作る場合は偶然性も大事です。


試験管のボリュームに合わせて全体的に大きくしています。


窓辺が似合いますね!


こちらはBタイプ。
以前どこかで見たアンティークの、何かの台を思い出して作りました(すごい曖昧ですね笑)


コーヒードリップのようなかたちがアクセントです。

こんばんは。冬の最後っ屁である今夜は、着込んで動きづらかった体の具合や耳の冷たさを覚えておくラストチャンスであります。
花が咲いたり雲の高さが変わって季節の変化の証拠を味わえても、ゆっくりとした変化には気が付かないんですよね。
いつの間にかまたしても冬が通り過ぎたのだ!
まあそれはさておき、今宵も一緒にウケンムケンいたしましょう。


何かのようで違うもの。途中経過にあるものはその懐の広さに魅力がある・・。
優れた作家というのはどこで手を止めるか、完成のかたちの判断力にセンスがあるように思います。
この画像はただの途中ですけどね。


今回はパックマンを作るんですという嘘をついてみました。
例によって撮影する余裕がなかったのでいきなり完成です。


一輪挿しを作っていたんだよわたしは。


最初の部品はここに付くものだったのです。
きっともうお気付きでしょう、


回せます!yesクランク!


そうして小さな机と椅子が。
さっきのパックマンは実はチーズを模していたのです。チーズがお好きな方にプレゼントされるそうな。オーダーで制作しましたよん。
それではいただきます、と向かう机にはチーズとこの一輪挿しをどうぞ。僕も自分用に欲しいです。
ハーイこんにちは。毎日が一年前の匂いで懐かしい!懐かし祭りだよ!を開催中のウケンムケンです。
しかしあれですね、一瞬の日差しの変化や風に乗って訪れた匂い、五感をちょっと刺激されることで始まる記憶の連想ゲームとは、いつも少し切ないものですね。なんでだろうね。マドレーヌを食べた瞬間にいろんなことを考える構造とおんなじです。頭の奥底にしまい込まれた記憶を参照するのには、きっかけが必要なようです。

さて、ウフっ!今夜は実にハッピーな一品をご紹介しましょう。
まずは制作途中の絵。

うわばみ君でーす
まあ本当はハシゴ的な線路ですけどね。この道にはメンバーがおりますので、一人ずつスポットライトを当ててみましょう!


2を担当するのは彼!小さい体にビッグなソウル、早鐘を打つ心臓がチャームポイントのねずみです。


0はこの子に任せます。生真面目なのが玉に瑕、もしかしていじめられているの?いいえ趣味ですのウマ。


セカンド2は我等がアイドルのブタ。ブーフーウーで言うところの徹子ですよ。


1はこいつ。紹介は特にありません


そして一番下で健気に待っているのは犬のイヌ君です。1を拾ってきたところ。

途中ちょっと飽きつつメンバー紹介しましたよ!
これはね、完成するとこうなったのです。

彼らが数字を持っていたのには理由がございまして、この数列はとある人の特別な日なのです。
プレゼントにされるとのことでオーダーで制作しました。


みんなでおめでとう!な一輪挿しなんですよ!
ヘロウ
今回はこれを紹介しますよん。

近頃は緑色がお気にいりなので、そんな紙に描きました。
しかし本当にラフだなー・・
正直いうと、ラフスケッチ無しで作ることもあります。
眠りに落ちる直前の連想ゲームのように広がる空想と同じように、
そういう作り方も出会いがあって面白い。


螺旋階段です。意外と難しいんですよね。実際に人が歩くサイズの階段を作る職人を、いつかねぎらおうと思います。


出来てきた。ベースは木でいきます。異素材との組み合わせが楽しいんです。対比。


そしていきなり完成・・!花などを入れるところはガラスで制作しました。
溶かして塊状にした部分を覗き込むと、透明な中に流れが見えて不思議な感じ。

ダイヤモンドダストを装置のなかで発生させる実験を見たことがあるのですが、
目の前で起こる奇跡のような出来事は胸に響くものがありました。
小さい、無数の輝き。まるで宇宙。
あれをふとした時に取り出して、見ることができる物として作れたら最高なんだけどなー
今日はウケムケはお休みですので、材料を仕入れに行きました。
あちこち巡業するので車です。セドです。

シルバー加工の業者さんに相談したり、材料屋さんに詳しく教えてもらったり。
いくつか考えているプランは僕にとって新しい技術なので、手探りの部分が大きいです。
それが楽しいんですけどね。
物づくりに欠かせない二つの要素、やる気と材料を得たのであとは進むのみでございます。

道中面白いところがあったら撮影しようとロボと機材を持ち歩いておりましたが、すべて用が済んだときには暗くなっておりました。。
たまには昼間の草原とかで明るい写真を撮りたいんですけど。
昨日仕上げたロボ005号機です。


関西小旅行したはずですが、撮影したのは京都の某観光地です笑


撮影しているときは人が通っても気にしない。
・・フリをしていますが、実はダンボ状態で蟻のこころです。
まさかこのカメラの後ろをコツコツ素敵なお姉さんが歩いていたとは思えないでしょう?。。。