サイト内検索
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2020年07月 次月>>
最新コメント
リンク
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
さて、今日は久しぶりの大物のご紹介です!
去年から進行していた長期プランでしたが、ようやく完成しました。
作家の血が騒ぐ!?マニアックな計画でしたね~
まずは制作にむけて描いたイメージ画をご覧いただきましょう!


これだけで何か分かる方はきっといないだろう・・。
一見、用途不明の謎めいたオブジェに見えますが、かなり明確なコンセプトのもとに制作いたしました。
それでは制作過程からいってみましょう!


ちょっとピンぼけ。完成予想図を見ながら作るわけですけど、立体的に目の前に現れるとサイズ感やディティールの感覚が変わってきます。
そこはやはり現物で調整していきます。


ここが正解、といった絶対的な答えのないものではありますが、個人的な正解はある。実際に配置しながら探していきます。
今回はライトも組み込むことになったので、ただ増築していくだけでは後々困ることになります。最後に配線する関係で熱を加えずに分解組み立て出来るようにしないといけません。

その後・・気が付いたら撮影するタイミングを逃し続け、仕上げてしまっていました・・。だいぶ長い工程だったんですけどね・・。


最後の最後にコーションプレートを取り付けて完成!感慨深い瞬間だったなー
今回の作品は「TOWERS」とタイトルを付けました。


螺旋階段や、


無駄に(!?)可動する機構部分があったりして。


そしてこの作品のキーワードでもあるこの場所。
もう分かっていただけたことでしょう、今回の作品は結婚式に使うリングピローなんです!
というかオブジェにリングピローな部分が組み込まれている、といったほうが近いかも知れません笑

シルバーに見えている部品、あれこそが出発地点、ゼロ地点で光あれな存在です。
よく見ると、文字が記載してあります。

左足 外側

なんとこの部品、折れた骨を固定するために、実際に使用されていたものなんです!左足の外側に装着されていたものなんです!もちろんネジも同様です。
これには物語がございまして、今回ご注文していただいたお二人が、晴れて結ばれるきっかけになった出来事の記憶ともいえる部品なんです。
聞けば長い時間を超えて成就した気持ちだったそうで、思わぬアクシデントから運命が変わっていく、ハッピーエンドのドラマを見ているような気持ちになりました。


それぞれ歩んでいたお二人の道が、重なって、同じ時間を進んでいく。
二つの塔の造形は、人を作るそれまでの経験を表しています。
そして塔を結ぶその部品によって、それぞれは結びつき、一つの構築物として強固な存在になるのでした。


実際に制作を始める前からずっと頭の片隅にあった計画でしたので、無事にお渡しが済んだ後はなんだか寂しかったです笑
プロポーズにお使いいただいた指輪や、結婚指輪、そして今回のような作品。
人それぞれが生きるドラマチックな物語に、触れさせてもらえる瞬間というのは、何度でも新鮮な感動です。
ご注文ありがとうございました。末永くお幸せに・・・。
まずは完成した姿から。

偶然の出会いからウケンムケンのセンスを気に入っていただいて、結婚指輪をお作りすることになりました。
お二人の記念日にまつわる数字を、星の数で再現してあります。

今回はラフデザインをいただいて、それを元にお話を進めて指輪に仕立てました。
手書きの絵にある、優しい雰囲気がそのまま形になったような印象ですよね!


真鍮の柔らかな質感、アンティークな表面処理にこだわりのあるお二人でしたので、微妙な凸凹などをわざと作り込んだ原型を制作して、溶けた金属を流し込む技術で真鍮に置き換え、それを極細のタガネを作って彫ることに。真鍮をこの方法で作ると、凸凹の具合が偶然性のある表面になりやすいのです。それを意図的に残して仕上げます。


星はかなり小さいので、当然それを彫るタガネも小さく、細くなる。
タガネの先端がシャープだと彫った跡もエッジが出ていて、迷いがなく美しい。何度も先端の形状を整えながら進めていきます。


内側にはお名前を刻印してあります。こちらも手書きのデザインのイメージを出来るだけ再現しています。
思いが詰まった指輪、お二人にだけ分かる象徴というのは、素晴らしいものです。
ご注文ありがとうございました。これからもお幸せに
普段は真鍮やシルバーで作ることが多いのですが、今回のOBAKEリングは、まさかの貴金属です。

K18とプラチナで作られたオバケ!デラックスなオバケ!
オリジナル仕様のリボンとハートの部分がプラチナでございます。

そしてオバケの指に当たる部分には・・

ダイヤモンドがキラリ!


もう一人は、シンプルに。
撮影するのを忘れましたが、メンズサイズなのでこの裏側は少しボリュームを上げてあります。
本体がプラチナ、ハートが18金でございます!

もうお気づきでしょう・・。
そう、今回お作りさせていただいたのは、OBAKEな結婚指輪なのです!
結婚指輪にはセオリーというか、付いて回る決まり事があるのですが、
僕としては二人が気に入ったものを、約束の記念とすればそれだけで十分だと思っているので、
今回のご依頼は嬉しかったです。
オバケが金に!プラチナに!ユーモアと思い切りの良さがないとできません。
そんなお二人に幸あれ!ありがとうございました。


今日はとってもシンプルな指輪のご紹介です。

ハンマーで叩いた跡など、手作業の痕跡をあえて残して仕上げてあります。
フリーハンドで描いたデッサンの、柔らかい線をそのままかたちにしたようなリングです。
しかしフニャフニャであれば良い、というわけでもないので、ピントが合っている部分も必要だったり。

これは結婚指輪のご注文でした。
pt900、プラチナでお作りしています。
内側には人生の記念すべき日付を掘り込んであるのです。
表面はマットな仕上がりですが、時が過ぎて使い込んでいくうちに、ゆっくりと変化していくはずです。
人もまた常に変化していくもの。二人の時間に寄り添いながら、一緒に進んでいく指輪です。

いつもはシルバーと真鍮がメインのウケンムケンですが、今回はゴールドです。
シルバーのように白っぽい感じがいい、とのお話で、14金のホワイトゴールド(K14WG)でお作りしました。

レディース側にはダイヤモンドが光っております。
とことんシンプルに、打痕で仕上げたリングです。
お幸せに!

(これは大分前にお受けしていたオーダーで、勝手ながら現在フルオーダーはお受けしておりません・・!ご了承ください。)