サイト内検索
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2017年10月 次月>>
最新コメント
リンク
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
オープンが少し遅れて14時からとなります。
よろしくお願いします!
ながーい構想時間をかけ(いつものこと!?)、やっと新登場です!
厳選したOBAKEの絵から、三種類をバッグに印刷しています。



「こんにちは」
ピンポンが鳴って、ドアを開けてみたらOBAKEがやってきました。
お届け物があるんだそうな。




「電気をつけて」
暗いところが怖いOBAKE君。自分で明かりをつけています!カチリ。




「三人です」
いらっしゃいませ!何名様ですか?
二人とひとり。




どのバッグも、裏にはOBAKEのスタンプを入れています。


印刷で入れても良いかなーと思っていたんですが、
インクがかすれたりするのがアナログで可愛らしいので、一つひとつ手作業で押しています!


A4のクリアファイルがちょうど入るサイズです。




現在ウケンムケンは月曜日にお休みをいただいておりますが、これから月曜日に加えて日曜日も定休日となる予定です。
お配りしているショップカードなどは月曜定休の記載のままですが(順次変更していきます)、ご了承ください・・。
最新の営業日カレンダーはukmkのオンラインショップ にございます。ご注意くださりませ
久しぶりに宮沢賢治の代表作、銀河鉄道の夜を読み返しました。
主人公ジョバンニが、透明な硝子のような緊張感と不安に包まれていた日々の中で、ある日、つかの間に見る夢。
夜の鉄道の、その青いびろうどの腰掛の向かいに居たのは親友のカムパネルラで、二人一緒に途中乗車の乗客たちの物語に触れるのです。
物語の核心部分で次の一節があります。

- - - - - - - - - -

「けれどもほんとうのさいわいは一体何だろう」ジョバンニが云いました。
「僕わからない」カムパネルラがぼんやり云いました。

- - - - - - - - - -



溺れた友人を助けるために川に入ったカムパネルラは、宮沢賢治自身にも被って見えます。
終わりのない夢のような情景の中にある、賢治がこう生きたいと考えた少年たちの姿。
そして天上にいるというカムパネルラのお母さんや臥せっているジョバンニの母、漁に行ったまま予定を過ぎても帰ってこない父。
「もう駄目です。落ちてから四十五分たちましたから。」ときっぱりというカムパネルラの父親なんて、まるで戸棚の奥にしまってあった標本を見てしまったような、恐ろしささえ感じさせます。

銀河鉄道の夜という作品は原稿に空白部分があって、未完成という状態です。
未完ということも相まって、賢治すらも見通せないほど大きく、実体がつかめないけれど確かにそこにある何かが描かれているように思えるのです。



そんな奇妙なリアリズムとファンタジーの結晶といえる銀河鉄道の夜。
この作品をテーマに、かたちにしようと思ったものの、気になる場所が多すぎて、どこを掴めばいいのか分からないまま時間が過ぎていきました。
何度も読み返すうち、強い印象ではないけれど、ジョバンニとカムパネルラが二人の世界を信じているように思えてくる箇所が胸に留まるようになりました。


- - - - - - - - - -

カムパネルラが河原で指で砂をきしきしさせながら夢のように、「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えている」と云い、
ジョバンニは走ってその渚に行って、水に手をひたしました。
けれどもあやしいその銀河の水は、水素よりももっとすきとおっていたのです。
それでもたしかに流れていたことは、二人の手首の、水にひたったとこが、少し水銀いろに浮いたように見え、その手首にぶっつかってできた波は、うつくしい燐光をあげて、ちらちらと燃えるように見えたのでもわかりました。

- - - - - - - - - -



謎は謎のまま味わうことにしました。
小さな鉱物の輝きのような、銀河鉄道の夜のイメージの指輪です。






今年もこの時期がやってきました!
ウケンムケンは8/17日まで休業とさせていただきます。
お問い合わせやオンラインショップは稼働しておりますがご対応は18日以降となります。
ご迷惑をお掛けしますがご了承ください。(ワスレナイデネ!)